2018年12月31日月曜日

Firstradeがますます不便に!でもまだ手数料無料の魅力の方が上回ってますね

月1回ぐらいはブログの更新をするよう心がけたいと思います、と言っていたので、12月末日となりましたが、おもむろに更新してみます。


まず、前回の記事の終わりに、「Firstradeのオプション板で、よく分からない表示があったので、オンラインチャットで質問し、回答のメール待ちです」と書いていたのですが、待てど暮らせど返事は来ませんでした。

質問の内容は、「オプション板のティッカーシンボル横に緑または赤い三角形が表示されることがある(前回の記事の数日前に撮っておいた、下の図参照)んだけど、これは何の意味があるのか?株価がプラスなのに赤い下向き三角形になっていることもある(例:2枚目の、LABUの図)し、よく分からない」というものでした。

ティッカーシンボルと株価の間に緑三角形が表示されていたAMZNオプション板の図

株価は前日比プラスで、特に大きく下落中でもなかったのに
赤い三角形が出ていたLABUオプション板の図

絶賛急下降中なのに、三角形が出ない場合もあります
(同じ時間、急落していたAAPLオプション板)

ただ、実はこの質問を投げかけたオンラインチャットにて「そちらはその瞬間のその銘柄の勢いを示すマークとなっております。株価自体が前日比プラスでも、短期間で急な下落を見せていたら赤い三角形が表示されるようです」という回答をもらえていたのですが、「いや、その瞬間明らかに全然下がってないのに赤三角形のこともあるし、何ならそれ以上に下がってるのに何も表示されないことがあるからよく分からないんだけど…。大して意味を持つマークじゃないのは間違いないんだけど、興味があるというか好奇心として、どのような条件でどちらのマークが出現するような設定になっているか、具体的な仕様を、後学のために教えてもらえたらこれ幸い」などと書いた結果、「私には詳細が分からないので、担当にメールで回答を送るよう手配しておきます」となっていた具合でした。


まぁ、カスタマーサポートは全体的に無責任(これはFirstradeに限らず、アメリカの企業全般がそうであるようにも思えますが)なので、返事も期待していなかったのですが、実際全く何の返信もないと「どうなってんねん、ちゃんと話は行ってるのかな?」と気になりまして、そろそろあのネタでブログにでもまとめようと思い立った12月頭、メールであの質問はどうなってるんだと催促しようとしたのですが、よく考えたら最近あの三角マーク見ないなということに気付きました。

リアルタイムで急落中の銘柄とかを見ても、あらゆる銘柄で、あの謎三角形が出ることがなくなっているような気がします。


その後1ヶ月見続けましたが、もう一度もあの三角形をお目にかけることはなくなったので、きっと他にも「何あの三角形?意味分からんし、特に理のある分析で出してるものじゃないなら、目障りだから消えて」というリクエストなりがあったのでしょう、今ではあのスペースは常に空白となっています。


・・・ということで、こんな長々と書くような話でもなかったんですが、それとは別件で、最近Firstradeがますます不便になったと思う点が出てきました。


前回の記事で書いたとおり、満期当日に、権利行使時に必要となるだけの額を十分に持たないインザマネーのオプションを保有している場合、現地時間午後3時30分あたりにFirstrade側が勝手にポジションを売却してしまうのですが、それをせめて引け直前まで待ってもらうためには、オンラインチャットか電話でFirstradeに「ポジション閉じは自分でやります」と連絡する必要があるわけです。


ここ2ヶ月でまた何度かその場面に出くわしたんですが、オンラインチャットにアクセスすると、SammiというAI(というほど高尚なものではなく、単なる自動対応スクリプトでしょうが)が対応し、どうがんばっても人間の対応係にたどり着けず、自動売却処理の中止(延長)を申請できないという状況になっていました。


「なっていました」と過去形ですが、現在もそうなっています。

オンラインチャット起動


選択肢が出るも・・・


画像は現地時間日曜日であり営業外だから当たり前に感じるかもしれないんですけど、営業時間内であろうと、何度チャレンジしようと絶対にSammiしか出てきません


恐らく経費削減で、オンラインチャットは機械対応のみになってしまった・・・??


ちなみに、上記画像2枚目にあるように、チャットが始まってすぐ「質問の内容は?」という選択肢が出るんですが、そもそもそれ以外の内容なんですけど…と思うものの、とにかく何を選ぼうと「その質問なら、参考リンクはこちら」とリンクを一方的に示してチャット強制終了という、実にクソみたいな対応です。

(一番最初Sammiに遭遇した時は、機械だと思っておらず具体的な質問の文章を打ち込んだ所、何を書いても「ちょっと何言ってるか分かんないですね」と返されてブチ切れ寸前、「あなたは機械か何かなんですか?」とメッセージを送っても「ちょっと何言ってるか分かんないですね。質問は以下のどれ?」と無限ループ・・・。これは流石におかしいと一番上に戻ったら、上記画像にあるとおり、「私は自動サポートです」と書いてあって納得、という感じでした)


三角形のネタは何の意味もないつまんない結果で終わったので、今回はこのオンラインチャットが一体どうなってしまったのかについてのネタをブログにまとめようと思い、数日前にメールで質問してみました。



質問:以前、オンラインチャットで、インザマネーオプション買いポジションを保有しつつ十分な資金を持たない場合の、満期当日の自動ポジション売却の中止方法(=午後4時までに、売却を自分でさせてくれ、というリクエスト)を尋ねたが、オンラインチャットでリクエストすれば可能であると言われた。

 当時は人間のエージェントと話すことができたが、最近は、オンラインチャットに繋いでも常に自動対応マシンSammiにしか繋がらず、そのリクエストをすることが出来ない。

 電話が使いづらい環境にあるので、オンラインの方が望ましいんだが、オンラインで午後3時30分の自動売却をしないよう依頼することはできないか?

 例えばEメールでメッセージを送った場合、即座に対応してもらえる?しかしそれはまず無理だと思うので、満期当日即座のリクエストにも対応してもらえるよう、やっぱり人間が対応するチャットを使えたらありがたいんだけれども。



翌日、AJ氏より返事が来ました。


AJ:もしインザマネーオプションを保有しており、しかし権利行使に十分な資金が口座内にない場合、午後3時20分までにポジションを閉じてください。さもないと、我々がポジション閉じを試みます。これは我々サイドで行うアクションであり、権利行使が追証を引き起こす可能性があるため、止めることができないものとなっております。

 更なるご質問がある場合は・・・(以下定型文)。



うーん、そんなことはとっくに知ってるし、聞いてる話はそんな内容じゃないんだよなぁ・・・と思うも、改めて聞き直してみました。


質問:最初のメッセージで書いたとおり、以前(2ヶ月ぐらい前)尋ねた時は、オンラインチャットまたは電話で依頼すれば、その自動売却アクションは中止可能とのことであった(もちろん、午後4時までに自分で確実に売却するし、その場合でも3時55分までには売らなきゃいけないとチャット担当者は言っていたが)。

 しかし、いただいたメッセージによると、ポリシーが変わったのか?ひょっとしてもうそのアクションは中止できない?



今度は数時間で返事が来ました。


AJ:我々のポリシーは、常に午後3時20分のポジション閉じです。

 ケースバイケースの話ですと、3時50分まで顧客がポジションを保有する許可を出すことは可能です。これは、バックオフィスでの認証を要するものなので、タイムリーに我々にその旨お伝えいただく必要があります。

 更なるご質問がある場合は・・・(以下定型文)。



うーん、だからそんなことはもう知ってるし、何か的外れな対応だなぁ。大体名前からして、楽天にいたニコニコ四球お散歩おじさんかお前は!・・・と思うものの、粘り強く質問を繰り返します。


質問:そう、その「ケースバイケース」の話を尋ねているわけです。

 以前はオンラインチャットを通してそのリクエストは可能だったが、最近は、チャットで人間の対応者に繋がることができない(常に自動機械対応になり、そのまま終わる)。

 人間対応のチャットは廃止してしまったのか?どうすれば即座のタイミングで自動売却中止を依頼できる?全ての取り得る選択肢を示していただきたい。



わずか8分で返事が来ました。


AJ:チャットBOTに、ライブエージェントへの転送をご依頼ください。

 更なるご質問がある場合は・・・(以下定型文)。



即返信しました。


質問:実際何度も試したけれど、どうやっても生身のエージェントに繋がらないんですがそれは・・・。

 チャットを始めると複数の選択肢が現れ、何を選ぼうと、参考リンクが示されてそれで終わりとなる。

 人間に繋げる方法はあるの?



・・・と返信しまして、それが現地時間こないだの木曜だったのですが、日曜日現在、全く返事はありません・・・



実は先日の金曜日、またAMZNのコールをちょっと持ってたんですけど、もう確実に紙くず化すると思ってたらAMZNがおもむろに上昇してきまして、午後3時前にインザマネー突入したので、「これはまだまだ伸びる!絶対引け直前まで粘りたい!!」と思い、このメールに改めて「実際本日満期の保有中オプションに関して、自動売却を中止して欲しいんだけど」と返信メッセージを送りましたが、それにも当然返事はなく・・・。

https://www.google.com/search?q=AMZNより

絶対依頼は通ってないと思えましたし、しかしAMZNはめちゃくちゃ伸びてきてどうしても自動売却をやめて欲しかったので、仕方なしに午後3時ちょうどぐらい、Firstradeに電話することとしました。


電話したら、自動音声案内後、当然生きた人間につながり、あっさり中止処理は通りました。

Firstradeはアメリカに本拠を置いていますが中華系企業なので、対応も中国人のお兄ちゃんでしたね。遠巻きで聞こえる声も、全て中国人の英語だったように思います。


ちなみに、口座番号を伝えただけで、名前も、個人情報の確認も一切なかったんですが、そんなので大丈夫なのか・・・。

まぁ、現金の移送といったセンシティブな話じゃなく、依頼内容は単に30分程自動処理を延長という口座主にメリットしかない内容なので大丈夫だと思いますが、せめて本人確認ぐらいせんもんかねと、少し面白かったです。急いでいたのでむしろ好都合でしたが。



実際AMZNは上記チャートにあるとおり、その後勢いよく下がってインザマネーですらなくなっちゃったんですが、他にも持ってたインザマネーオプションは無事自動売却されなかったので、ちゃんと依頼は通っていたようです。


ということで、まだ実は返信待ちなので実際は方法があるのかもしれませんが、今回の結論としては、以下のような感じですね。


Firstradeでの満期当日オプションの自動売却を避けるには、電話で依頼するしかない


経費削減のためか、チャットに割かれる人員が恐ろしく減っているかゼロ(ただし、受け取ったメール最後のメッセージによると、チャット対応者がいないわけではなさそう)なので、チャットは(特に満期当日自動処理時間直前で急いでいるような場合)機能しない可能性が高い



でも、手数料無料を維持するためには、そういう経費削減は歓迎なので、Firstradeを責める気にもなれません。


多少不便でも、手数料無料が末永く続いてくれた方が嬉しいですよね。



というわけで相変わらず無意味に長くなりましたが、取引に関しては、以前と全く同じように、成功したり失敗したりで全く特筆すべきものではないものの、また明日ちょろっと簡単に2018年をまとめるみたいな感じで、1月分の更新にしたいと思っています。


まぁ本当に特に書く程の話もないので(ちなみに大失敗ネタは概ね以前書いてきて似たような話(=オプション取引なら、紙くず化は当たり前という感じ)になるだけですし、大成功ネタは、仮に本当に大きく成功しても、何となく自慢っぽくなるのであんまり書きたくないというのもある感じです)、本当に月1回の更新さえも中々ネタがない気もするのですが、流れに任せておいおい考えていこうかと思ってます。


とりあえずまた明日、現地時間12月31日の年内最終取引が終わったら、連日の更新をする予定です。


コメントを投稿

※特に意味もないかなと感じたので、コメント承認ステップはなしにしました。
投稿後、即座に反映されるのでご注意ください。